稲葉篤紀氏 日本ハム「SCO」としての初仕事をまさかの病欠

2015年01月12日 16時50分

 日本ハム・稲葉篤紀スポーツ・コミュニティー・オフィサー(SCO=42)が12日、同職としての初仕事となる予定だった札幌での「ファン・カンファレンス」を欠席した。

 インフルエンザ感染によるもので、予定されていた栗山監督とのトークショーは急きょ大社啓二オーナー代行が代役を務めた。

 冒頭のあいさつで大社代行は「今日がSCOとしての初仕事となる予定でしたので少し怒っています。本来、稲葉選手に代打ということはありえないんですが、ご勘弁願いたい」と、ユーモアを交えて会場に集まったファンに謝罪した。

 稲葉氏は昨季限りで現役を引退し、SCOに就任した。