赤ヘルナインが色めき立っている堂林夫人の華麗なる美人人脈

2015年01月09日 11時00分

マツダスタジアムで自主トレを公開した堂林

 カープ女子から高い支持を得ている広島・堂林翔太内野手(23)が、ナインからも熱視線を送られている。もちろん、昨年のクリスマスにTBSの枡田絵理奈アナウンサー(29)と入籍したことと無関係ではない。

 レギュラー奪取を目標に掲げる堂林は、このオフに本格的な肉体改造に取り組んでいる。成果は上々のようで、この1か月で体重が3~4キロ増えたと言い「食事のことは家では(妻に)任せているが、自分でも栄養の知識があればもっと体重を増やしていけると思う。どっしりした感じが出ればいい」と、さりげなくラブラブぶりもアピールした。

 首脳陣にとっては頼もしいばかりだが、ナインが注目しているのは堂林本人ではなく絵理奈夫人の動向だ。ある若手選手は「奥さんが球場に応援に来てくれれば僕らの励みにもなる。有名人なので難しいかもしれないけど、ぜひ来てほしい」と声を弾ませる。

 ナインが色めき立つのは、絵理奈夫人が業界屈指の美人女子アナだからというだけではない。その交友関係は多彩で、アナウンサー仲間はもちろん、AKB48の小嶋陽菜や高校時代からの親友でもあるグラドルの木口亜矢など“美人人脈”の持ち主としても知られている。3月にTBSを退社してからは広島に住んで夫を支える予定で、そうなれば華麗な友人を伴って球場に足を運ぶこともあるのでは…と期待しているのだ。

「新しいシーズン、やってやるという気持ち。走攻守すべてで課題が出てきているので修正していきたい」と6年目のシーズンに向けて意気込む堂林への期待は、いろんな意味で高い。