巨人移籍の金城が自主トレ公開「若い選手を引っ張っていけたら」

2015年01月05日 14時29分

 DeNAから昨秋、巨人にFA移籍した金城龍彦外野手が5日、ジャイアンツ球場で始動した。

 球場開き初日から若手に交じってランニングやマシン打撃、ウエートトレーニングなどを精力的にこなし、約2時間の練習後に取材に応じたベテランは「年が明けてより一層気が引き締まる。緊張感も高まっている」と滴る汗をぬぐった。

 調整ペースは例年より早めといい、体重はベストの80キロ前後をキープしている。肉体は38歳とは思えないほど若々しい。

「年齢的にはベテランだし、経験もしている。いろいろな場面で若い選手を引っ張っていけたら」と意気込むと、「『金城が来てよかった』と言われるように頑張りたい」と新天地での活躍を誓った。