広島・丸に期待 ドラ1野間と師弟コンビ

2015年01月05日 16時00分

 広島・丸佳浩外野手(25)にドラフト1位・野間峻祥外野手(21=中部学院大)の“教育係”としての期待が高まっている。

 

 昨年は1年目の大瀬良がエース・前田から助言を受けて新人王を獲得できたように、戸惑いがちな新人が活躍するには頼れる先輩の存在が不可欠。そこで野間には丸がうってつけだという。「丸は年下に対する面倒見がいい。プレーはもちろん、振る舞いも信頼できる。同じ外野手で左打ちという共通点もあって選手としてのタイプも似ている」(球団幹部)

 

 昨季の丸は一軍経験が少ないロサリオに守備面で的確な助言を与えて、そのブレークにも貢献した。それを野間に対してもお願いしたいというわけだ。「キク(菊池)と僕で引っ張っていけるようにやっていきたい。143試合しっかり出られるようにしていきたい」と24年ぶりのリーグ制覇に向けて気合十分の丸。野間との“新・師弟コンビ”に注目だ。