オリックス 3冠ガンバとホットライン復活

2015年01月04日 11時00分

宇佐美(右)の横でT―岡田がVサインなんてシーンが見られるかも?(写真は合成)

 オリックスが「サッカーのG大阪と、またコラボをしていきたい」と盛り上がっている。ガンバ大阪は昨年、J1のリーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯を制して3冠を達成。プロ野球で2位に大躍進したオリックスも大いに刺激を受けた。オリックスではG大阪の3冠達成後、担当者がすぐにG大阪側に祝福の連絡を入れ「ぜひ宇佐美(貴史=FW)選手に始球式をお願いしたい」とエースストライカーにオファー。すでに「宇佐美はやりたいと言ってます」と快諾の返事が来ているという。

 

 両者はこれまでにも接点がある。G大阪からは宮本恒靖氏(引退)、MF二川孝広、DF安田理大(現J1神戸)らが京セラドームの始球式を務め、オリックスからも北川博敏氏、吉井理人氏(現ソフトバンク投手コーチ)らがガンバの試合前セレモニーに参加。オリックスとG大阪を両方観戦できる“共通チケット”を発売したこともある。

 

 ここ数年はスケジュールが合わずに“疎遠”になっていたが、G大阪の優勝でホットラインが再燃。事業部の担当者は「もっとできるといいですね。T―岡田もガンバさんの本拠地の吹田市出身だし、コーチの中にも交流のある人がいる。同じ大阪のお隣のチーム同士。刺激し合いながら両方が優勝できるようなシーズンになればいい。一緒に喜び合いたいですよ」という。

 

 始球式や共通チケットだけでなく、マスコットの共演、コラボグッズなども視野に、2015年のオリックスは“ガンバ効果”でも優勝を目指す。