苦手ソト攻略できず巨人足踏み

2012年08月30日 12時00分

 巨人は29日、中日との直接対決第2R(盛岡)に2-4で敗れ、前夜に続いて優勝マジックを減らすことができなかった。G打線は苦手の左腕ソトから何度もチャンスを作りながら攻略しきれず、投手陣は前夜の試合で2本の適時打を打たれたブランコにこの日は2本塁打を許す始末。ソトとブランコ、2人の“苦手”を作ったことは、クライマックスシリーズ(CS)への大きな不安材料だ。

 巨人打線とソトとの対戦はこの試合が今季3度目だ。ここまで長野は5打数無安打、村田も7打数ノーヒット。竜の助っ人左腕を苦手としているのは明らか。これをいかに攻略するかが、この試合のテーマとなっていた。

 初回にいきなりチャンスが訪れる。先頭打者の長野が右翼線に二塁打を放つと、続く松本がバントヒットで無死一、三塁とチャンスを広げる。ベンチはここで坂本にスクイズを指示。しかし初球を打ち上げてしまい失敗。後続も倒れ、この回は無得点に終る。

 2回は三者凡退、3回は長野、松本哲、坂本が三者連続三振。4回、5回も抑えられ、重苦しいムードがベンチに漂い始めた。6回には一死一、二塁から4番の阿部が中前適時打で1点を返す。続く高橋由に四球を与えた時点でソトは降板。しかし6回途中まで1点しか奪えなかった。なんとか打ち崩して苦手意識を払拭したいところだったが、思い通りにはいかなかった。

チーム関係者は「どっちにしろ、うちがCSで当たるのは、中日の可能性が高い。これまでは吉見、チェンの2枚看板との対決が定番だったが、今後はチェンに代わって、ソトが出てくるだろう。いずれにしろやっかいな相手だよね」と不安を口にした。

 投手陣も課題が残った。故障から復帰した4番・ブランコをいかに抑えるかがポイントだったが、先発の江柄子が3回に17号3ラン、リリーフの田原が8回に18号ソロを浴びてしまった。

 この対戦前まで2試合連続完封負けと湿りがちだった中日打線が、ブランコの加入で一気に勢いづいている。今後の戦いを考えると、これはやっかいだ。最後に最後で痛い目にあわされないよう、早急に対策を練る必要がある。