ソフトB・飯田“憧れの二階堂ふみのように…”イメトレの虫に

2014年12月28日 11時00分

ソフトBの成長株・飯田

 5月に育成枠から支配下選手登録されたソフトバンク・飯田優也投手(24)は今季12試合に登板し、2勝5敗、防御率3・24の成績。内角をグイグイ攻める投球に首脳陣の評価は高い。

 

 そんな飯田は「一人になってベッドに寝転んで野球について考える」をルーティンにしている。「どっかにヒントが転がってないかなって。いろんな場面を思い返したり、イメージしたことを次の試合で試してみたり…。僕、引き出しを多く作るってことを意識してるんです。困った時の投げ方とか考え方とか…。そういう引き出しがたくさんあれば生きてくる。イメージしたことを試合で試してみて、うまくいけばそれが新しい引き出しになります。気になることがあったらノートにメモして見返すことも多い。歌手が歌詞を思いついたら書くみたいに、思いついたら書くようにしています」

 

 女優・二階堂ふみの大ファン。「今年は(二階堂がヒロイン役の映画)『私の男』も見ました。かなり良かったです。(二階堂は)外見も素晴らしいんですけど、内面的にもブレないところがいい。自分を持っている芯の強い女性はやっぱりすてきですね」とも笑顔で話した飯田。「間接照明が好き。考え事にもいいですし、少し暗い感じの方が落ち着くので好きです」という若鷹左腕は、工藤新体制での飛躍を誓っている。