巨人・小林 盗塁阻止率で古田超え目指す

2014年12月17日 16時00分

 巨人・小林誠司捕手(25)が1000万円アップの2500万円でサインした。

 

 今季はルーキーながら開幕一軍入りし、63試合に出場。「すごい高い評価をしていただきましたし『(球団から)来年は100試合以上座れるように』という期待もしていただき、僕自身もそう思っているので、この冬にしっかりトレーニングを積みたい」と語った。

 

 来季は正捕手・阿部の一塁転向もあり、正捕手の期待もかかる。「肩とか守備という部分はやっていけそうかなという気持ちもある」とプロで自信も手に入れた。「走られたら盗塁をアウトにしたいという気持ちはみんな持っている。高い阻止率で相手を走らせないことも大事。そこは目指していきたい」と、元ヤクルト・古田が持つ盗塁阻止率のリーグ記録(6割4分4厘)を意識していくという。(年俸は推定)