山本昌 50歳目前のフォーム改造

2014年12月15日 16時00分

出発前もキャッチボールで汗を流した山本昌

 今季、史上最年長勝利を更新した球界のレジェンド、中日の山本昌投手(49)が14日、毎年恒例の名球会の行事に参加するため、ハワイへ出発した。

 

 大記録を達成したとあって今オフは表彰やトークショーなどのイベントに引っ張りダコの状態となっているが、わずかでも空いた時間があれば、ナゴヤ球場へ姿を現し、ランニング、キャッチボールなど精力的に汗を流しており、ハワイでもトレーニングを毎日、欠かさないつもり。「ハワイへはグラブは持って行く。キャッチボールの相手は(名球会のメンバーで)誰か探してお願いする。休むと体が痛くなるので(2月の)キャンプでちゃんと投げられるように、とにかく体と肩を動かしておくことが大事」と強調した。

 

 今季はMAX135キロだったが、来年8月に50歳となるプロ32年目シーズンは140キロを狙うといい、そのために新フォームにも挑戦する考え。「何言ってるんだとバカにされるかもしれないけど(これまで以上に)スピンがかかる、より反射を使ったフォームにしていきたい」ときっぱりだ。

 

 名球会の行事は約1週間だが、山本昌はそのまま昨年12月に再婚した美智子夫人と12月下旬までハワイに居残る予定。「(体が大きくて日本ではサイズの合う)服があまりないので、1年分をまとめ買いしたりしないといけない」という。

 

 その間、キャッチボールの相手がいなくなるが「浜辺なんかで自分でボールを投げて落下点まで走っていってキャッチするしかないね。これを向こう(の常夏のハワイ)で30分もやれば死ぬかも。そんなことしていたら警察に補導されるかもしれないけど…」。衰え知らずの球界のレジェンドは南国でも進化を続ける。