金子残留目指すオリ 楽天だけはライバルから除外

2014年12月15日 11時00分

金子の決断は…

 オリックスから国内FA宣言した金子千尋投手(31)。中日、DeNAなど数球団が水面下で獲得に動いているとみられるが、残留を目指すオリックスは、そのライバルから楽天を外しているという。


 楽天は、金子に野村元監督が背負った「19番」を用意するなど積極的。それでもオリックス関係者は「金子は右ヒジの手術を受けたばかり。ケアに気を使う金子なら(本拠地・仙台が)あんな寒いところは最初に除外するというのが普通じゃないか」とあっさり“ノーマーク”を宣言。別の関係者も「金子は(オリックス)入団時もケガをしていたが、それでもウチは獲ったんだからね」と、楽天との環境の差を強調するのだ。


 残留か、移籍か、去就が注目される金子だが、対楽天に関しては、妙に自信たっぷりのオリックス。これだけは間違いないと言わんばかりだが、果たして…。