「4番・山崎」竜のテコ入れ実らず

2012年08月27日 12時00分

 テコ入れも実らなかった。中日は26日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に0—2で惜敗。巨人のM減らしに、またも貢献してしまった。

 高木監督は前日からガラリとオーダーを変更して試合に臨んだ。4番・森野を7番に下げ、代わりに山崎を4番に昇格。2番・荒木を8番に下げて松井佑をプロ初の2番で起用した。

「(不振の)森野を外したら、もう他に4番はいない。山崎本人にも4番で気持ちよくやってもらおうと思ってね。荒木は(左太もも裏肉離れが万全じゃない)足のこともある。下で気楽に打たせようと。左投手のとき右バッターがいないので松井佑には期待しとったんだけど」

 しかし、指揮官の苦心のオーダーもまるで機能せず。ヤクルト先発・村中にわずか2安打に抑えられ、前日(25日)に続いての完封負けとなってしまった。

 本拠地でまさかのヤクルト戦連敗。「立て直しようがない。打ったって点入らんのだから」とお手上げの高木監督。最悪の状態で宿敵と対峙することになる。