巨人・大田60%アップ「そんなに上がるとは」

2014年11月27日 17時10分

大幅アップに笑顔の大田。来年への抱負は「闘志」

 巨人の大田泰示外野手(24)が27日、都内の球団事務所で契約更改に臨み、60%アップとなる1800万円でサインした。

 8月以降、一軍に定着した大田は入団6年目にして9月27日のDeNA戦(横浜)で初めて4番に座った。出場試合数も自己最多の44試合となり、打率2割4分6厘、2本塁打をマーク。年俸の大幅増に「後半は一軍にいたが、そんなに上がるとは思わなかった」と目を輝かせた。

 一軍、そして4番の経験は来季への大きな財産となった。大田は「(4番は)すごく緊張がある。来年はどんな緊迫した場面でも、少しリラックスした状態で入れる」と力強く話した。

 原監督には来季の4番候補として期待されている。報道陣から「初の開幕スタメン」への意欲を聞かれた大田は「そういう経験をしてみたい。そのためにキャンプ、オープン戦で結果を出したい」と力を込めた。来年への抱負を「闘志」と色紙にしたためた。(金額は推定)