巨人・西村は約30%ダウン 先発転向に「開幕ローテ目指す」

2014年11月26日 15時35分

先発転向で“再起”を図る西村

 巨人・西村健太朗投手(29)が26日、都内で契約更改交渉に臨み、約30%ダウンの1億3000万円でサインした。また、3年の複数年契約を結んだことを明かした。

 

 昨年のセーブ王も今季は精彩を欠き、マシソンに守護神の座を奪われた。来季は、澤村と入れ替わるような形で先発に転向し“再起”を図る。

 

「やることも変わると思うので、長いイニングだったり、投げる体力だったりをこのオフに鍛えたい。やるからには開幕ローテーションを目指してやっていきたい」と意気込んだ。(金額は推定)