上原レッドソックスに“世界一男”サンドバル加入へ

2014年11月25日 11時00分

【マサチューセッツ州ボストン24日(日本時間25日)発】レッドソックスの上原浩治投手(39)に朗報だ。FOXスポーツなど複数の米メディアは、レッドソックスはドジャースからFAになっているハンリー・ラミレス内野手(30)と5年総額9000万ドル(約106億5000万円)で合意したと報じた。またジャイアンツからFAになっているパブロ・サンドバル内野手(28)とは5年総額1億ドル(約118億3000万円)で合意間近だという。

 ラミレスはメジャー10年間で打率3割、191本塁打、654打点、261盗塁の俊足強打の遊撃手だが、レッドソックスでは外野を守ることになるという。サンドバルは勝負強い打撃が持ち味で、今年のワールドシリーズで打率4割2分9厘と打ちまくり、ジャイアンツの世界一に貢献した。

 前年のワールドシリーズ王者から一転してア・リーグ東地区最下位に沈んだレッドソックスのチェリントンGMは来季の覇権奪回に補強の動きを止めることはなさそうだ。