巨人ドラ1・岡本 ONや松井氏のお宝に決意新た

2014年11月23日 16時00分

長嶋氏、松井氏のユニホームを見学する岡本(右)

 巨人のドラフト1位・岡本和真内野手(18=智弁学園)が22日、プロ入りに向け決意を新たにした。

 

 巨人の新人選手はこの日、東京ドーム内の野球殿堂博物館を見学。伝統の球団の一員になるべく、野球の歴史を学んだ。そんな中、誰よりも引き締まった表情を見せていたのが岡本だ。未来の4番候補は先日の日米野球でプレーした侍ジャパン、メジャーリーガーたちのグッズには目もくれず、Gのレジェンドスラッガーのお宝にくぎ付け。館内にズラリと並んだ現ソフトバンク球団会長の王貞治氏のバットや、756号本塁打のボール、長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督、松井秀喜氏のユニホームなどをその目に焼き付けていた。

 

 ホームランバッターとしての本能なのか「それ(ホームランバッターの道具)しか見てなかったです。王さんと長嶋さん、松井さんのユニホームが飾ってあったのがすごく印象に残りました」と目を凝らす場面も。特に、荒川博氏の指導で王氏が日本刀を持って素振りをする伝説の写真映像には感動したようで「やっぱり迫力がありました」。幼いころから素振りによって打撃フォームを固めてきたという岡本は“ストロングスタイル”の重要性をあらためて確認した様子だ。

 

 球団もかつて長嶋氏と松井氏の師弟関係の間で行われた「4番1000日計画」で岡本を育て上げる青写真を描く。「特に伝統のあるチームで野球をやらせていただけてありがたい。頑張らないといけない」と岡本。Gの4番打者に成長すべく、若き大砲は王道を歩み続けることができるか。