落合GM体制初保留 温厚な大島がキレた罵詈雑言

2014年11月23日 16時00分

まさかの査定に怒りを押し殺す大島(円内は落合GM)

 中日が落合博満GM(60)体制になって初めての保留者を出した。22日の契約更改交渉で大島洋平外野手(29)が1775万円アップの7400万円の球団提示を保留した。選手会長で、その温厚な人柄で知られる大島のまさかの“反旗”。その舞台裏では大島のプライドをずたずたにする落合GMの“罵詈雑言”があったという。そんな大島にチーム内からは「よく声を上げた」と称賛する声が出ている。

 

「1年間やってきて納得できない。調停でも行く覚悟でいます」。保留第1号となった大島は厳しい表情で語気を強めた。今季は141試合に出場してセ・リーグ打撃成績4位の3割1分8厘。球団タイ記録となるシーズン最多の186安打を放った。しかし、球団提示は昨年の年俸7500万円には届かなかった。

 

 昨オフは140試合で規定打席に到達したにもかかわらず、減額制限いっぱいの25%ダウンとなる年俸5625万円でサイン。「正直あそこまで下げられると思わなかった」という大幅ダウンに納得したのは落合GMの「やった時は上げる。やったら取り返せる」の言葉を信じたからだ。しかし、この日に落合GMから出てきた言葉は信じられないようなものだった。

 

「『そもそも7500万円がもらいすぎだ!』と言われたそうです。『やったら取り返せる』と言っておいてそれはないでしょう。ここまで成績を積み重ねてやってきた人間に対してあんまりです」とチーム関係者も同情を禁じえない。

 

 さらに2年ぶりにゴールデングラブ賞を獲得した大島に「今年の守備じゃ俺だったら使えない」。ドラフトで日本通運の友永翔太、JX―ENEOSの井領雅貴と社会人から外野手2人を指名したことにも「お前がそんなだから獲った」。ここまで言われては“反旗”をひるがえすのも無理はない。

 

 そんな大島にはチーム内から「Bクラスの責任は成績を残せなかった人間が年俸をダウンして取ればいい。大島は結果を出したんだからちゃんと評価すべきだ」「だいたい落合GMは投手には査定が甘いのに野手には厳しすぎる。大島はよく声を上げたと思うよ」と称賛の嵐。どういう決着になるにせよ、大島が男を上げたことは間違いないようだ。(金額は推定)