中日・岡田20%ダウン 落合GMは“中継ぎ指令”

2014年11月21日 15時40分

来季への巻き返しに気合を入れた岡田

 中日・岡田俊哉投手(22)が21日、名古屋市内で契約更改交渉に臨み、20%ダウンとなる年俸2400万円でサインした。今季は先発転向に挑戦しながら結果を残せず、シーズン途中から中継ぎへ逆戻り。結局、今季は38試合に登板して3勝7敗1セーブ、防御率4・33と、昨季の66試合登板から大幅に出番を減らした。

 

 大胆にも交渉中には「落合GMなら来季は先発か中継ぎかどちらがいいと思いますか?」と質問すると、落合GMは「俺なら中だな。その方がお前の性格が出る。先発だと、うまく投げようとしていた。人が違う」と指摘されたという。岡田は「どこでやるかはともかく、一軍でいいパーツになれるように頑張りたい」と来季への巻き返しに気合を入れた。(金額は推定)