なぜか燃えてるMLB選抜「沖縄で勝てば勝ち越し」

2014年11月20日 10時55分

首里城で記念撮影に臨む(左)から岩隈、ロンゴリア、ファレル監督、小久保監督、前田、坂本

 残すところ20日の親善試合(沖縄・セルラースタジアム那覇)のみとなった日米野球だが、24年ぶりに負け越しを喫したMLB選抜が妙にやる気になっている。というのも「メジャー側は阪神・巨人連合チームとの試合(11日、甲子園)も1試合に数えている(8―7でMLB選抜が勝利)。

 侍には2勝3敗でもトータルでは3勝3敗。沖縄で勝てば勝ち越しで帰れると思っている」(MLB選抜に帯同するNPB関係者)からだ。MLB側にとっては、相手が誰であれ“親善試合”に変わりはない。侍ジャパンが完全勝利で終わるには沖縄で快勝するしかなさそうだ。