巨人・原監督 “実り多き秋”に大満足

2014年11月20日 10時59分

秋季練習打ち上げで手締めをする原監督(右から3人目)らコーチ、選手たち

 ジャイアンツ球場で行われていた巨人の一軍秋季キャンプが19日、最終日を迎えた。

 

 「チームを作り直す」とのテーマを掲げた今秋、原監督は阿部の一塁転向や澤村のリリーフ転向など、大胆なコンバートに着手。また超高速マシンを使った打撃練習を取り入れるなど、新たな試みも実施した。初めは苦戦したマシンの球を軽々と打ち返すようになったナインの姿に目を細めた指揮官は「落ち着いてそれぞれが練習に取り組めた。来季に向けた方向づけができたなという感じですね」。“実り多き秋”に充実感を浮かべていた。