落合GM太鼓判の若手先発候補 400万円ダウンでサイン

2014年11月18日 11時59分

会見する武藤

 プロ4年目の中日・武藤祐太投手(25)が18日、名古屋市内で契約更改交渉に臨み、400万円ダウンの年俸2000万円でサインした。

 今季は15試合の登板で1勝1敗。「上限いっぱい(25%ダウン)いくかなと思っていたので良かったです」とホッとした表情を浮かべた。

 二軍にいた際、落合博満GMから「普通の投手よりも開きが早い」と左足の上げ方を修整されたそうで、「それをやっておけば大丈夫だ」と太鼓判ももらったという。

 今季はプロ入りして初めて先発登板して5回無失点で白星も挙げた。落合GMからは「中継ぎにはいつでも戻れる。おまえはタイプ的に先発だよ」と言われたそうで、「先発で貯金を5つしたい」と意気込んだ。(金額は推定)