藤浪4回4失点もメジャー攻略に手応え?

2014年11月17日 11時00分

モーノー(左)に3ランを浴び、ぼう然と打球を見送った藤浪

「2014 SUZUKI日米野球」4戦で侍初先発となった藤浪晋太郎投手(20=阪神)は、3回にモーノー(33=ロッキーズ)の3ランを浴びるなど4回4失点。「打たれたのは変化球。甘く入った」と反省したうえで「直球でファウルは取れた。単純に力がないので全体的に力をつけたい。緩急をつけたり球を動かしてゴロを打たせるとか投球の幅をつけたい」と今後の課題を挙げた。


 メジャーへの興味は特にないと言い「(メジャーは)単純にすごい。まだまだそんなこと言えるレベルじゃない」とした藤浪だが、4回は球速を落として丁寧に低めをつくなど、ヒントはつかんだようだ。