スタントンがメジャー史上最高13年377億円契約へ

2014年11月15日 11時00分

 大リーグで最も年俸総額が低いマーリンズが生え抜きスーパースターのジャンカルロ・スタントン外野手(25)と13年総額3億2500万ドル(約377億円)で契約延長することに合意間近であると14日(日本時間15日)、CBSスポーツなど複数の米メディアが報じた。

 

 2010年、20歳でメジャーに定着したスタントンは球界屈指のスイングスピードを誇る強打者。これまでの5年間で打率2割7分1厘、154本塁打、399打点をマークし、今季は37本塁打で本塁打王のタイトルを獲得した。契約が成立すれば、タイガースの主砲カブレラの「10年総額2億9200万ドル」を抜き、大リーグ史上最高額となる。