侍ジャパン本当に強い? MLB選抜に2連勝

2014年11月14日 21時18分

和田からタイムリーを打った柳田

 日米野球第2戦が14日、東京ドームで行われ、侍ジャパンがMLB選抜に8―4で快勝。連勝で対戦成績を2勝0敗とした。
 
 0―0の2回二死一、三塁から相手先発の岩隈(マリナーズ)を攻め、伊藤(オリックス)の中前タイムリーで先制すると、続く柳田(ソフトバンク)が2点三塁打。3―3と同点に追いつかれた直後の4回には、柳田、菊池(広島)の連続適時打で2点を勝ち越した。
 
 その後も6回に菊池のタイムリー、8回には3番手の和田(カブス)から松田(ソフトバンク)の左越えソロ、柳田の適時二塁打などで着実に加点した。
 
 先発の金子(オリックス)は5回3失点、松葉(オリックス)、井納(DeNA)、高橋(西武)とつないで逃げ切った。