「巨人は正々堂々戦う!」原監督が金子争奪戦に苦言

2014年11月13日 21時28分

ヒートアップする「金子争奪戦」に苦言を呈した巨人・原監督

 巨人・原監督がヒートアップする「金子争奪戦」に“けん制球”を投げた。
 
 他球団に、メジャーまでの“腰掛け移籍”を容認した上で右腕獲得を狙う動きがあることに敏感に反応。名指しこそしなかったが「どこぞの球団はFAの大目玉をさ、1年獲って、1年でポスティングで(メジャーに)出してって、そんなことを考えている球団もいるんだな。世も末だな。それをやられたんじゃ、オリックス球団もやってられないな。節操がない」とチクリ。
 
 さらに「わが軍はそういうことはないだろ。節操、規律。(巨人は)プロ野球の規律は守るよ。『正々堂々、戦うことを誓います』だよ」。エース強奪へ「なんでもあり」な状況を正すべく“球界の盟主”として一言モノ申したかったようだ。