エル様の気迫打で赤ヘル闘魂点火

2012年08月23日 12時00分

 広島は22日のDeNA戦(マツダスタジアム)に3-0で勝ち、連敗と「4」で止めた。頼れる助っ人の気迫の一打が勝利を呼び込んだ。前日(21日)は右肘痛で欠場したエルドレッドが先制の適時打を含む2安打の活躍。先発のルーキー・野村は粘りの投球で7回を無失点に抑えて9勝目を挙げた。これで借金はふたたび2。今日23日も勝って勝率5割復帰に王手をかけたい。

 エルドレッドが満身創痍をものともせずに4番の仕事を果たした。初回、二死から梵の二塁打でいきなりチャンスをつくる。ここで4番に入ったエルドレッドは先発・藤井のカーブを体勢を崩しながらも中前へ運び貴重な先制点を叩き出した。「梵がチャンスをつくってくれたから、どんな形でもかえそうと思っていた」。

 体調は万全ではない。前カードの巨人戦で発症した右ひじ痛のために21日はスタメンを外れた。この日の試合前練習でフリー打撃は通常の半分の時間をやっただけでフルスイングはせず、バットの軌道を確認する程度だった。それでも「今は問題ない。普通のスイングができる。まだまだ40試合近くあるので、再発しないように付き合っていかないといけない」と、この日はフル出場。8回には、この日2本目となる安打を放った。

 先発・野村もエルドレッドの奮闘に応えるように好投した。持ち前の精密機械のような制球力を武器に今季3勝1敗と相性のいいDeNA打線を翻弄。6回無死一、二塁のピンチも新人離れした度胸満点のマウンドさばきで筒香、後藤、金城のクリーンアップを完璧に抑えた。結局7回無失点で9勝目を挙げ、新人王へ大きく前進した。

 エルドレッドだけではない。この4試合で5得点とこのところ元気がなかった打線もこの日はしっかりとルーキーを援護。4回に「今日は何としても勝たないといけない」と気合十分だった石原が二死一、二塁から2点適時二塁打を放った。

 8回からは今村—ミコライオが零封リレー。ようやく連敗を「4」で止めた赤ヘル軍団。この白星をきっかけにもう一度、上昇気流に乗りたいところだ。