首位奪還どころか西武3位転落危機

2012年08月23日 12時00分

 西武が6連勝後に2連敗。首位奪還に失敗したばかりか3位・ソフトバンクに0・5ゲーム差と詰め寄られた。

「小久保の花道」で団結するホークスにまたやられた。

 連勝中の先発・菊池が5回まで4安打1失点と好投していたが6回、長谷川の内野安打を足場に小久保の右前打に味方の失策が絡み1点を勝ち越されると2番手・十亀が多村に勝ち越し適時打を許し、なおも二死一、三塁から細川に2号3ランを浴びた。

 7回には3番手・田中靖が長谷川にダメ押しとなる3号2ランを打たれ、万事休す。

 この日、デーゲームで敗れた日本ハムに代わって首位に立つどころか、ソフトバンクに肉薄される始末。菊池は「6回のあそこを踏ん張れないとダメです」と肩を落とした。