ソフトバンクがオリ瀬戸山本部長ヘッドハンティング狙う?

2014年11月14日 11時00分

オリックス球団本部長の瀬戸山氏

<デスクと記者のナイショ話>

 

 ソフトバンク担当記者:小林至球団統括本部副本部長が退団することになりました。

 

 デスク:元ロッテで東大卒の選手だった人だよな。

 

 記者:昨オフまではソフトバンク球団トップの立ち位置にいた人です。

 

 デスク:そんな人が、どうしてまた…。

 

 記者:ソフトバンク本社主導の方針が強まるとともに立場を追われたこともあって、退団を決意したみたいです。それで、なんですが…。

 

 デスク:何かあるのか。

 

 記者:すでに三笠球団統括本部副本部長が後藤球団社長の下で球団のかじ取りを任されていますが、そもそもソフトバンク本社から来ている人で、小林氏ほど球界に精通していない。そこで球団内では「小林氏みたいに球団の実務を担う人間を連れてくるんじゃないか」って言われているんです。しかも…。

 

 デスク:何だよ。

 

 記者:ソフトバンクの前身のダイエーで球団本部長を務め、その後はロッテの球団社長、現在はオリックス球団本部長の瀬戸山隆三氏の名前が出ているんです。

 

 デスク:ウソだろ。

 

 記者:ソフトバンクはオリックスから国内FA宣言した金子獲りに動く意向ですが、球団内では「金子を獲るのではなくて、瀬戸山さんをオリックスから獲ったほうがいい」って…。

 

 デスク:実現したら驚きの補強だろうけど、さすがにそれは無理なんじゃないの。

 

 記者:でもソフトバンクの補強費は青天井ですから…。

 

 デスク:ソフトバンクだと、それさえジョークに聞こえないってか。