メジャー選手「大谷はMLBでも通用する」

2014年11月13日 11時00分

大谷はエスコバル(右)を打ち取るもなぜか嶋に「ゴメン」

<日米野球第1戦(12日):日本2-0米国>「2014 SUZUKI日米野球」(全5戦)が12日、京セラドームで開幕。日本代表・侍ジャパンがMLBオールスターチーム(MLB選抜)を2―0で下して先勝した。先発した広島・前田健太(26)がメジャーの強力打線を5回2安打無失点に抑えれば、代表初選出の日本ハム・大谷翔平(20)も1回を完璧に抑え、大役を果たした。

 衝撃の代表デビューだ。8回に3番手で登板した大谷は、直球を中心に1回をパーフェクトに抑えた。この日は最速159キロを記録。大谷は「的が大きかったので投げやすかったが、自分のボールではなかった。メジャー球はブルペンで投げていた時より感覚が良くなかった」と反省を口にしたものの、対戦したバッターは大谷の剛腕がメジャーで即通用すると断言した。

 153キロの直球で右飛に倒れたエスコバル(ロイヤルズ)は「すごくいい投手だ。ボールもよく動いていた。メジャーでもやれるか? 通用するよ」。158キロで一ゴロに打ち取られたゾブリスト(レイズ)も「速かったね。潜在能力の高さを感じた。ストレートしか見ていないけど、いいピッチャーになると思う」と、まさに大絶賛だ。

 大谷は一昨年のドラフト直前、一度はメジャー挑戦を表明。憧れのメジャーリーガーを相手に、初陣でいきなり強烈なインパクトを与えた。次回の登板は第5戦(18日、札幌ドーム)。先発として再びメジャー屈指の強打者を迎え撃つ。「登板までに何回かブルペンに入ると思うので、修正しながら(感覚を)つかんでいきたい」と大谷は気合を入れた。