なにわのダル攻略できず「力負け」

2012年08月23日 10時09分

<第94回全国高校野球選手権大会準決勝(22日)>明徳義塾(高知)0-4大阪桐蔭(大阪)

 0—4で迎えた土壇場の9回二死二、三塁。大阪桐蔭のエース・藤浪もさすがに疲れが見えた。ここで得点して奇跡の大逆転へとつなげたいところ。しかし、打席に入った杉原は投ゴロに倒れ、明徳義塾の熱い戦いは終幕を迎えた。

 この日は前日好投した福ではなく、背番号10の福永が先発、5回までは安定した投球で強打の大阪桐蔭を1点に抑えた。だが6回。二死一、二塁のピンチに、5番安井に適時打を浴び、ここで降板。緊急登板となった二番手の岸も笠松に適時打され、この回、計3失点。「試合は6回で終わった」(馬渕監督)というほど、決定的な失点だった。

 試合前には「相手にビビッたら負けだ」と自分に言い聞かせ、自信のある直球を軸に勝負したが、春夏連覇を目指す〝横綱〟には通用しなかった。福永は「どのバッターも真っすぐを狙ってタイミングを合わせてきた。(6回の安井には)アウトコースの真っすぐ、高めを打たれた」と目を赤くしながら振り返った。

 投手ばかり責められない。相手は今大会屈指の好投手とはいえ、1点も奪うことができなかった。真淵監督は「(藤浪は)球威があり、ボール球にだいぶ手を出してしまった。力負け」と完敗を認めるしかなかった。

 大阪桐蔭という分厚い壁を打ち破れず、ベスト4に散った明徳義塾。しかし今年のチームには4番の岸(1年生)や倉敷商戦での本塁打に続いてこの日は二塁打を放った宗(2年生)など若い力が多い。敗れた悔しさをバネにして、必ず聖地に戻ってくる。