侍ジャパン破ったソフトB・日本ハム連合軍がキツ~いジョーク

2014年11月11日 16時00分

ソフトバンク・日本ハム連合軍ナインを迎える栗山監督

【ソフトバンク・日本ハム連合1-0侍ジャパン(10日)】若手中心のメンバーで編成されたソフトバンク・日本ハム連合軍が大番狂わせを演じた。侍ジャパンの圧勝が予想された中、連合軍のソフトバンク・東浜と飯田、日本ハムの斎藤、鍵谷、白村、浦野の6投手が侍打線を4安打に抑える完封リレー。今季“2度目”のスタメン出場で4回に決勝打を放った4番・江川(ソフトバンク)は、侍ナインが立つものと想定されていたお立ち台に上がると「シーズン中は活躍できてなかったので、ホッとしてます」と笑みを浮かべた。

 

 うれしい半面、連合軍サイドから飛び出す声は複雑だ。“かませ犬”だったはずの急造チームの勝利に、試合後のベンチからは「さあ、ユニホームを着替えるか。俺たちが侍ジャパンだ!」との手厳しいジョーク。連合軍ナインは「お互い実戦感覚がなさすぎでしたね」とか「勝負事だから、いろいろあるということですよ」と日本代表を気遣った。さらにチームスタッフは「合流してすぐというのはあるだろうけど、侍ジャパンはこんなことで大丈夫なのかって、いい意味での危機感を与えることはできたんじゃないか」とも。

 

 今回の連合軍投手陣は、いずれも成長株の若手。2桁勝利をマークしたこともなければ、規定投球回数をクリアしたこともないが「やはり野球は分からない。それなりの投手がいい投球をしたら、そう簡単には打てないということだよ。(侍ジャパンは)勝たなくちゃいけないってガチガチだったからね」と連合軍コーチの一人は同情気味に話したほどだ。

 

 まさかの勝利となったソフトバンク・日本ハム連合軍。まさに勝っちゃってよかったのだろうか、といったところか。