12球団合同トライアウト 東野、八木に熱視線

2014年11月10日 11時00分

トライアウトで投げる東野

 12球団合同トライアウトが9日、静岡・草薙球場で行われ、投手34人、野手25人の59選手が参加。各球団編成担当の1番人気は前オリックス投手2人だった。

 

 オリックスを構想外となった東野はシード打撃に登板。打者4人を相手に最速145キロの直球を投げ、2者連続見逃し三振を奪う内容。2011年には巨人で開幕投手も務めた28歳右腕は「引退も考えたけど家族(杏奈夫人)から『自分の好きなことをやったらいい』と言われた。12月に第3子が生まれるのでまだまだやめられない」とNPB復帰を誓った。同じく前オリックスの左腕・八木は打者4人を完璧に抑え「いい緊張感で気持ちを入れて投げられた。オファーを待ちます」と笑顔を見せた。

 

 スタンドから熱視線を送った12球団の編成担当者からは前向きな言葉も。DeNAの高田GMは「八木は久しぶりに見たけど(自身の日本ハムGM時代と)変わっていない。どうして結果が出ないのか。もっと出てもいいのに」。獲得の可能性については「ウチが興味を持てばヨソ(の球団)も持つから」と言葉を濁した。中日の落合GMは「今日は何も言えないけど、いい選手はいっぱいいる」と話し、球場を後にした。

 

 BCリーグ群馬ダイヤモンドペガサスのシニアディレクターとなったアレックス・ラミレス氏も「東野は素晴らしかった。巨人時代と一緒の素晴らしい投球をしていた」と絶賛した。なお、20日には第2回トライアウトがジャイアンツ球場で行われる。