原監督が大田をホメる「マシンを打たせたら世界一」

2014年11月05日 18時05分

打撃マシンを相手に鋭い打球を連発した大田

 巨人ナインが悪戦苦闘している高速打撃マシンを、大田泰示外野手(24)が完全攻略した。

 体感速度145キロ以上の打撃マシンを相手に、右翼席への柵越え2連発を含む鋭い打球を連発。大田は「ああいう球を引っ掛けたら練習にならない。うまく振れたと思う。一軍の速いピッチャーを打てるようにつながればいい」と自信を深めた。

 これには一塁ベンチから見守った原辰徳監督も「おー」と歓声。「マシンを打たせたら世界一かもな。来季は4番か!?」と冗談めかしながらも期待を寄せた。