地獄の秋季キャンプ必至!中日が独立リーグに敗れる

2014年11月05日 14時00分

兵庫ブルーサンダーズとの試合中、渋い表情の谷繁監督(手前)。左奥は達川コーチ、右は佐伯二軍監督

 中日が赤っ恥をかいた。ナゴヤ球場での秋季キャンプで4日、ベースボール・ファースト・リーグの兵庫ブルーサンダーズと対外試合を行い、6―7と敗戦。相手の所属リーグは日本に3つある独立リーグのうち、最もレベルが低いとされ、加えてブルーサンダーズは雨やファン感謝イベントなどが重なり、ここ2日間練習なしで、この日の試合にぶっつけで臨んだ状態。そんな格下にまさかの負けだ。

 

 先発転向を目指す武藤が6回12安打5失点と炎上し、2番手の阿知羅は2回を3安打2失点で敗戦投手。打線も若手主体とはいえ、一軍スタメンに名を連ねる大島、平田、高橋周、堂上、松井佑らが3回まで無安打。4回以降こそ7安打を放ち、6点を奪ったが、及ばなかった。

 

 この結果に、あるコーチは「ウチの選手は気持ちの部分で負けていた。シーズン中と同じか、それ以上の気持ちで臨まないと勝てるわけがない。勝負の世界はそんなに甘いものじゃない」と語気を強めれば、別のコーチも「この負けを恥と思って、明日からまた練習に打ち込まないと、プロ生活がこのまま本当に終わっちゃうよ」とピシャリ。

 

「選手がどう感じるかじゃないですか。自分で感じて自分でやろうとしないとダメ」とは谷繁兼任監督。秋季キャンプはさらに地獄になりそうだ。