中日・吉川は練習態度が悪くてクビ?震え上がる竜ナイン

2014年10月31日 16時00分

吉川(左)は27日の秋季練習でも谷繁兼任監督に説教されていた

 中日は30日、吉川大幾内野手(22)に戦力外通告。これがチーム内で大きな波紋を呼んでいる。

 この日、ナゴヤ球場に隣接する合宿所「昇竜館」に呼ばれ、落合GMから「来季の構想に入っていない」と通告された吉川は「さっき言われたばかりで頭が真っ白。もちろん、他の球団に行けるのなら行きたい。自分には野球しかないんで。ただ、今は気持ちの整理がつかない」とショックを隠し切れない様子だった。


 2010年のドラフト会議で2位指名され、PL学園から入団。高校の先輩でもある“ミスタードラゴンズ”立浪氏(現評論家)の栄光の背番号「3」を受け継ぐなど期待されていただけに、あまりにも早すぎる戦力外通告は吉川も予想外だっただろう。そして、それは中日ナインにとっても大衝撃。ある選手は、その事実を聞き「えっ!」としばらく絶句すると「信じられないです」。

 吉川は宮崎で行われたフェニックス・リーグに参加したが、途中で名古屋に戻された。視察に訪れた谷繁兼任監督の逆鱗に触れたからだという。「練習態度が気に入らなかったという理由で強制送還させたんだ」(球団関係者)。期待しているからこそ、おきゅうを据える。誰もがそう思っていた。しかし、結果はまさかのクビ。練習態度が悪かったから戦力外となったのか、そもそも構想から外れていたのかは定かではないが、中日ナインは震え上がっている。