“打の飯塚野球”来年こそ見せる

2012年08月16日 12時00分

<第94回全国高校野球選手権大会・第7日(15日)>

 

 狙い通り打撃戦に持ち込んだものの、最後まで仙台育英(宮城)のエース・渡辺をとらえられなかった。悔しい逆転負けを喫した飯塚(福岡)の吉田監督は「“終戦”ですね」。気丈に振る舞いながらも、目は潤んでいた。

 

 初回に連続適時打などで幸先よく3点先制したが、3回に逆転されたあとは調子が尻上がりの渡辺を打ち崩せなかった。3―6で迎えた8回無死一、二塁も、堀、黒岩が倒れ、古賀はインローの直球に見逃し三振を喫し天を仰いだ。

 

 吉田監督は「初回は狙い通り高めの変化球を打って成功したけど、2回以降ストレート中心に変わってね。切れがあって詰まったり、スイングできなかった」。途中で低め狙いに切り替えたが、うまくいかなかった。

 

 主将の北野は「低めの球に思った以上に力があった。自分たちの特徴の打撃で打ち負けて悔しい」とうなだれた。

 

 投手起用の失敗も痛かった。吉田監督は「調子がよかった」からと、エースの古賀ではなく、西を今夏初先発に抜擢。ところが、その西は「先発が苦手。相手がどんな打撃をするか分からない状態で入るから」と戸惑いがあった。 2回、早坂にソロを浴びると、3回は連打で1点差とされ、なおも一死二、三塁から同点犠飛。最後は渡辺に右越え適時二塁打を食らい、あっという間に3―4と逆転された。

 

 同点にされた直後の場面で投手を交代してもよかったはず。だが指揮官は「古賀にしても野田にしても、イニングの頭で投げさせたかった」と、西を続投させた。4回にさらに2点を加えられ、二死二塁となりようやく野田に交代。継投策が後手に回ってしまった。

 

 今年の夏は2回戦で終わった。今回甲子園で戦ったレギュラー4人と野田はまだ2年生。吉田監督は「甲子園での戦いはいい経験になったと思う。(打の)飯塚野球を継承してもらいたい」と前を向いた。