“なにわのダル”藤浪圧巻の14K完投

2012年08月14日 12時00分

<第94回全国高校野球選手権大会・第6日(13日)>

〝なにわのダルビッシュ〟こと大阪桐蔭(大阪)・藤浪が初戦からその実力を見せつけた。木更津総合(千葉)戦に先発した藤浪は初回にいきなり153キロをマーク。2失点完投、14奪三振と前評判通りの活躍を見せ、チームも8—2と大勝。史上7校目となる春夏連覇に好スタートを切った。

 注目された初戦は、ピンチらしいピンチもなかった。2回に4番・高野に浴びた本塁打を除けば、三塁を踏ませたのは一度だけ。4回に杉崎への死球、高野の内野安打などで一死一、三塁。自らの送球エラーで2点目を献上したが、終始安定した投球で付け入る隙を与えなかった。

 藤浪は「夏の初戦は独特のものがあった。観客の数も球場の雰囲気も春とは違った。立ち上がりは力んでしまったところもあったが、早い回で野手が打ってくれたので、落ち着いて入れたと思う」とセンバツ優勝投手の余裕を見せた。

 大阪大会の決勝では7回3分の1を9安打8失点と大乱調。また昨夏の大阪予選の決勝では東大阪大柏原に6—7のサヨナラ負け。父・晋さん(48)は「夏の甲子園は初めてですからね。それがどう出るかですね」と心配していたが、それも杞憂に終わった。

 3回戦の相手は済々黌(熊本)に決定。「自分の投球で(攻撃の)リズムを作れるようにしたい」。高校ビッグ3と称された3投手で、勝ち残っているのは藤浪ただひとり。夏の〝主役〟は深紅の大優勝旗まで突っ走る。

 

“なにわのダル”人気で応援席入れ替え

〝浪速のダル〟驚異の肉体の秘密

5歳で124センチ…こうして育った〝浪速のダル〟