逆転サヨナラ巨人 今後に課題を残した「メッセ対策」

2014年08月27日 17時00分

メッセンジャー(左)の前に3打数ノーヒットに終わった坂本

 注目のセ・リーグ天王山が26日、東京ドームで行われ、首位の巨人が2位の阪神に逆転サヨナラ勝ち。第1ラウンドを4―3で制し、ゲーム差を2・5とした。天敵のランディ・メッセンジャー(33)に抑えられながらも、守護神・呉昇桓(32)を攻略した巨人と、勝ちゲームを落とした阪神。明暗が分かれたベンチ裏をのぞいてみると…。

 試合後の原監督は「奇跡のようなゲームでしたね。打線が打ちあぐんで完全に向こうのペースだった。4番が見事にムードを引き寄せてくれた。4番で風が変わったのは初めてかもしれないね」と興奮冷めやらぬ表情。サヨナラ打を放ったロペス以上に、6回に追撃の2ラン、9回に逆転サヨナラの口火を切る二塁打を放った阿部慎之助捕手(35)を持ち上げた。

 8回まで天敵メッセンジャーにわずか4安打。そのまま負けていれば、今季無傷の巨人戦5勝目をプレゼントするところだった。この日は「ストレートに負けないスイングに加えて狙うゾーンを絞って対応したい」(村田打撃コーチ)と天敵退治に臨んだが、またも角度のある直球と変化球にキリキリ舞い。逆転勝ちこそしたものの「メッセ対策」は今後に課題を残したことも事実だ。

 本紙評論家の得津高宏氏は「野手に故障者が続出している今の巨人の状態では、対メッセンジャーの試合を捨てることも考えたほうがいい。今の巨人の各打者はみんなメッセンジャーの角度のある球に振り負けている。打てそうな感じがまったくありません。とはいえCSでは必ずぶつかるわけだから、そこで攻略すればいいのです。攻略法としては、昔の巨人が阪神の村山実さんに揺さぶりをかけた『ON以外はみんなバント』というような、思い切った作戦をする必要があるでしょう」と話した。

 実際「メッセンジャーとのエース対決を捨てよ」という声は球団内にもある。この日の先発は杉内俊哉(33)だったが、7回3失点と好投しながらも、これで6試合連続で勝ち星なし。その6試合のうち、メッセンジャーと投げ合ったのは実に3度もある。杉内は現在の巨人先発陣の中で一番、状態がいいため「わざわざ杉内をメッセンジャーにぶつけることはないのでは」というわけ。勝ちがつかない状態を心配した川口投手コーチが「厳しい試合になるので勝ち星はなかなかつかないと思うけど、投球はいいから」と杉内が腐らないよう声をかけているほどだ。

 とはいえ、苦しみながらも阪神を2・5差と突き放し、ひと息つけたのは大きい。メッセンジャーとの次回対戦は9月9日からの3連戦(甲子園)を残すのみ。天敵攻略はCSまでのお楽しみとして、まずは故障者だらけの戦力を整備することが先決か。