阪神の穴は抑えコンビ「呉の悪癖」「鶴岡のキャッチング」

2014年08月27日 17時00分

9回、記録は呉昇桓(手前)の暴投だったが、ボールは鶴岡の股間を抜けた

<巨人4―3阪神(26日、東京ドーム)>注目のセ・リーグ天王山で阪神が勝ちゲームを落とした。9回裏、守護神・呉昇桓(32)は先頭の阿部に右翼線二塁打を許すと暴投で代走・鈴木が三塁に進塁。ここで村田の犠飛で同点に追いつかれる。さらに矢野に四球を与えると、再び暴投で代走・大田が二塁に進塁。最後はロペスの中前適時打で万事休す。

 勝負の3連戦の初戦で勝利目前の逆転サヨナラ負け。しかも、2つの暴投が敗戦に直結する自滅だけにダメージは大きい。和田監督も試合終了直後は言葉を失い、会見の最後に「首位争いはこういうゲームになってくるからミスをした方が負ける」と絞り出した。

 すでに阪神の外国人投手では最多となる32セーブをマーク。ここまでチームに大きく貢献してきた虎の最強助っ人守護神だが、この日の大乱調でチーム内では今後の登板にも影響を及ぼしかねない3つの重大不安が浮上している。

 まずは捕手とのコミュニケーションだ。球団関係者は「サイン違いのような球がいくつかあった。捕手の要求と違うコースに投げることが複数あった。原因は分からないけど…。サインを見にくそうにしている時もあった」と心配そうに話す。サイン交換がスムーズにできないとなると、配球の組み立てもできない上に、この日のようにバッテリーエラーを連発する危険もある。

 2つ目は走者を背負ってからの投球だ。シーズン序盤から走者を出すと投球バランスを崩す傾向があり、中西投手コーチも「走者を気にしすぎるな」とアドバイスをしてきた。ベンチ内でも「日本に慣れて走者を気にするところはなくなってきた」という声が上がっているが、この大事な試合で再び悪癖が顔をのぞかせた。

 最後は“抑え捕手”だ。梅野が正捕手に定着してからは鶴岡が終盤にマスクをかぶるパターンが多くなっている。しかし鶴岡は「リードはいいが、キャッチングはうまい方ではない」(ライバル球団のスコアラー)。この日2つ目の暴投は鶴岡の股間を抜けるもので、捕手の責任。チーム関係者も「キャッチングが下手だと投手も思い切って投げることができない」と不安視している。

 優勝争いが佳境に入る今後は息詰まる接戦も増える。クライマックスシリーズも含め、終盤の1点をめぐる攻防が勝敗の分かれ目となる。それだけに、この勝負どころでの“抑えバッテリー”の不安発生は逆転V、日本一を目指すチームに暗い影を落としかねない。