鷹ナインが大谷にお手上げ「とんでもないヤツ」

2014年08月27日 16時00分

大谷(右)に5安打9三振と抑えられたソフトB打線(左は細川)

<日本ハム4-2ソフトバンク(26日)>ソフトバンクが日本ハム・大谷に返り討ちにあった。今季は大谷が先発した3試合はすべて勝っている。しかし、この日は看板の打線が5安打と打ちあぐね、9三振を奪われた。

 

 鷹ナインが戸惑ったのは“オトナの投球”への変貌だった。速球の最速は156キロ。球速だけでいえば過去の対戦より遅いが、ナインは口々に「今日は直球がよかった」。この日は速球の空振りが多く、速球で2三振を喫した長谷川は、変化球を効果的に使われたことで「その後の直球が速く感じた」という。

 

 大谷とは8月だけで3度目の対戦。3日は「打たれるまで自信のある直球で押してくる」「体感は152キロくらい」との事前分析が的中した。10日は警戒してか、一転して変化球主体となったところを打ち込んだ。ところが、今回は変化球を効果的に使って速球を際立たせる投球術で、鷹ナインも「変化球を入れてきたのもあるし、あの直球をコースに決められたらさすがに打てない。まだ20歳でしょ。とんでもないやつですよ」と舌を巻くしかなかった。

 

 ソフトバンクにすれば得意の大谷にまさかの敗戦。2位オリックスには2・5ゲーム差に迫られ、踏んだり蹴ったりだった。