3連続押し出しの巨人・久保に後輩から気遣う声

2014年08月25日 16時00分

7回、谷繁(右)に3者連続押し出し四球を与えた久保

<中日7-3巨人(24日)>巨人ベンチが、まさかの展開に思わず固まった。

 

 原監督は2―3と1点差に詰め寄った7回に4番手・久保を投入したが、これが大誤算。先頭の高橋周に二塁打を許すと、続く大島のバント処理を誤って無死一、三塁の危機を招いた。なんとか二死までこぎつけたが、平田の敬遠を境に独り相撲がスタート。3連続押し出し四球で試合をぶち壊してしまった。

 

 久保は「チームに申し訳ないことをしてしまった」と頭を下げたが、怒り心頭の原監督は「プロとして恥ずかしい勝負をした」と手厳しかった。

 

 しかしながら、久保はチーム屈指の制球力を誇り、普段はピンチで動じることもない。それだけに、後輩投手は「久保さんが、あんなに制球を乱すからには絶対に理由がある。どこか痛めているんじゃないか。3つも(四球を)出す前に、コーチがマウンドへ確認に行くべきだったのでは」と、ベンチの対応に疑問を呈した。

 

 久保は、この試合で今月12試合目の登板。本人は「(登板過多の影響は)ないです」と言い切るが、今季は右肘のトミー・ジョン手術からの復帰で、慢性的な股関節痛も抱えている。指揮官と同じ東海大出身で、無理しがちな性格でもあるだけに、首脳陣も今後の起用には細心の注意を払う必要がありそうだ。