母校が気になって…巨人・内海集中できず 

2014年08月21日 10時58分

 第96回高校野球選手権大会は20日、第4試合で敦賀気比(福井)と盛岡大付属(岩手)が対戦。敦賀気比出身の巨人・内海はヤクルト戦の試合前練習中、なんども試合経過をチェックするなど、後輩たちの戦いが気になって仕方がないといった様子だった。あるコーチから「どうせ負けるんだから必要ない」と言われると、そのコーチの出身県の代表校の結果を挙げ「今回、弱かったっすね~」と反撃。内海の思いが届いたのか、敦賀気比は16―1で大勝し、ベスト8に進出した。