鬼門克服 鷹軍団がオリックスの本拠地で鮮やかな逆転勝ち

2014年08月19日 11時00分

8回、前日に続く今宮の決勝犠飛で長谷川(中央)が生還し、大盛り上がりのホークスベンチ

<ソフトバンク6-5西武(18日)>ソフトバンクが18日、終盤の猛攻で西武に逆転勝ちし、リーグ制覇へまた一歩前進した。先発の帆足が3回4失点でKOされるなど中盤までは完全な西武ペースだったが、2点を追う8回に鷹の強力打線が一気に爆発。長谷川の2点二塁打でレオのサブマリンをマウンドから引きずり降ろすと、一気にひっくり返し、そのまま試合を決めた。17日に続いて京セラドーム大阪で2連勝を飾り、鬼門を克服したといっていいだろう。鷹軍団はこの勢いで栄光のゴールへ突き進む――。

 

 2点をリードされて迎えた8回、鷹戦士が鮮やかな逆転劇を演じた。先頭・内川のこの日猛打賞となる右中間二塁打を足がかりに一死一、二塁の好機をつくると、長谷川が右中間を破る2点適時二塁打で同点とする。

 

 明石が中前打で続き、一死一、三塁とし、西武先発のサブマリン・牧田をマウンドから引きずり降ろす。続く代打・松中の打ち取られた当たりをメヒアが野選。この日は定位置の2番ではなく9番で先発出場した今宮の中犠飛で勝ち越した。

 

 7回までは鷹にとって本当に厳しい展開だった。初回に1点を先制したが、帆足は2回一死二、三塁から森本に2点打、炭谷にも中前適時打を許す。3回にも1点を失い、マウンドを降りた。

 

 帆足にとっては史上4人目となる既存12球団+近鉄の13球団勝利がかかった登板だった。FA移籍後2度目となる古巣相手の先発。昨季は4回6安打5失点でKOされているだけに「ライオンズ打線は強力だが、今度こそ達成できればね」と静かな闘志を燃やしていた。

 

 今年の4月には寺原が史上3人目の13球団勝利を達成。寺原は現在、右ヒザ手術からのリハビリ中だが、帆足は「そこは作るでしょ」と、この日、西武に勝てば“13球団制覇・コラボTシャツ”を寺原へのエールも込めて製作する計画だった。しかし、3回を投げて6安打4失点と2年連続で古巣にKOされた。

 

 この日は「鷹の祭典2014 in 大阪」と銘打ち、ライバル・オリックスの本拠地・京セラドーム大阪で異例の主催試合を行った。この試合まで今季は1勝7敗で、ウルフ、摂津が途中降板するなどアクシデントも発生していた。前日(17日)に今季初勝利を挙げ「相手は違うが、今日も勝って少しでも嫌な印象を払拭できたらね」(チーム関係者)。序盤から中盤の流れは思惑とは逆方向だったが、8回の猛攻で覆してみせた。

 

 この日の逆転勝ちで京セラドーム大阪に対する嫌なイメージを払拭できたはずだ。今季はまだ同球場で宿敵・猛牛軍団との対戦が3試合残っているだけに大きな勝利となった。

 

 2位・オリックスとのゲーム差を3・5としたソフトバンク。この勢いでライバルを蹴散らし、Vゴールへ一直線に突き進む。