盛岡大付・松本 “地元代表”を撃破

2014年08月17日 07時05分

松本は多彩な変化球で相手打線に凡打の山を築かせた

【第96回全国高等学校野球選手権大会第6日(16日)盛岡大付4―3東海大相模】4―2で迎えた9回裏二死走者なしから東海大相模に安打と四球で1点を返され、なおも一、三塁。盛岡大付のエース・松本は逆転の走者を背負ったが、代打・長井を最後は外角への直球で二ゴロに仕留め、大きな1勝をもぎ取った。

 最速150キロを誇る右腕・松本が中心の盛岡大付と最速140キロ台の好投手4人を擁する東海大相模との対決は2回戦屈指の好カード。だが、県大会で右ヒジを痛めた松本は、大会後も様々な病院で治療を受けたが完治せず。試合前日も思い通りの投げ込みができない状態だった。

 満身創痍での登板は初回に3安打を浴びて、2失点。いきなり暗雲が垂れ込めたが、2回以降はスライダーにツーシーム、チェンジアップなどを織り交ぜた多彩な変化球で相手打線に凡打の山を築かせた。この日の最速は142キロ。「スピードを出すことより、低めに丁寧に変化球を集めようと心がけた」(松本)という投球が奏功した。

 そんなエースの好投には打線も奮起。東海大相模の3投手に計15三振を喫したものの、2回には5番・遠藤のソロ本塁打、6回には二死から3安打で3点を奪ってV候補の一角を破った。

 盛岡大付は夏8回目の出場にして初勝利。関口監督は「4人いい投手がいるからといって、4人が一斉にマウンドに上がるわけではない。1対1だから、絶対に逃げるなと選手に言いました。やはり横綱を倒すのが甲子園の醍醐味ですね」と喜んだ。

 神奈川県出身で中学時代に県内の複数の学校から誘いを受けていた松本も「盛岡を選んだことがこれで正しかったと証明できるかなと思います」と、地元の代表校撃破に笑顔。盛岡大付躍進のカギを握る右腕の投球に、今後も注目だ。