続投志願の内海が3勝目

2014年08月16日 10時56分

3勝目をマークした内海

<巨人7―2広島(15日)>巨人・内海が8回2失点で今季3勝目を挙げた。12安打を浴びながらも要所を締め、141球の力投。2日の広島戦以来となる白星を飾った左腕は「まだふがいないし、それを一試合でも返したかった」。5回途中には降雨で48分間の中断をはさんだものの、集中力を切らさなかった。

 6回に交代を打診されたものの「自分が投げることで少しでも(救援陣を)休ませることができるかなと思って“投げさせてください”と志願した」。ようやくエースが本領発揮だ。