スランプ乗り越える! 先発復帰に燃える則本

2014年08月15日 10時59分

 昨年のパ・リーグ新人王、楽天の則本が今日15日のロッテ戦で約2週間ぶりに先発復帰する。則本は先発で3連敗するなど不調に陥り、6日からは中継ぎに回ったが、7日のロッテ戦ではサヨナラ負けを喫するなど調子はイマイチ。

 

 星野監督はしばらく中継ぎをやらせながら調整させるつもりだった。ところが一軍に昇格させる予定だった2年目左腕の森が「二軍から腹を壊したと言ってきた」。もはや則本の復調を待っていられなくなった。

 

 思わぬ形で先発復帰を果たすことになった則本。戸惑いもあるだろうが、それは表には出さず「中継ぎをやって、一生懸命、腕を振ることの大切さを再確認できた。それを先発で生かしていきたい」と前を向く。

 

 昨季15勝を挙げリーグ制覇と日本一に貢献し新人王となった右腕は今季も順調に白星を重ねていたが、6月29日の日本ハム戦で9勝目を挙げてからは中4日登板などの影響もあり、一気に調子を落とした。

 

 プロとして初めて経験するスランプ。則本は「勝てなくなった時期、よかった時のことを考え過ぎて自滅していた」と振り返り「自分にとっての理想を追い求めるのではなく、状態が悪いなら悪いなりに抑えていくことを意識してやっていきたい」と意気込む。

 

 ドラフト1位・松井裕が13日のソフトバンク戦で先発初勝利を挙げたとはいえ、高校生ルーキーに頼るわけにはいかない。チームの順位を一つでも上げるため、則本は全力を尽くす。