プロ注目の浜田フォーム変更が裏目

2012年08月11日 12時00分

<第94回全国高校野球選手権大会(第3日=10日)>浦添商(沖縄)6−4愛工大名電(愛知)

 プロ注目の愛工大名電・浜田(3年)の夢は初戦で散った。浦添商戦に先発し、8回7安打6失点。高校ビッグ3の一角を担い実力派左腕と呼び声の高かった浜田だが、この日は終始が安定しなかった。

 初回を三者凡退に抑えた浜田だが、2回に先頭・宮里に本塁打を浴びてあっさりと先制点を献上。一死後に呉屋、照屋の連続安打とエラーなどで一、三塁にされると喜瀬のスクイズで1点を失う。

 3回にも先頭の東江の安打、味方の連続エラーなどで二死満塁のピンチを背負うと呉屋に初球の外角スライダーを引っ張られて3点適時三塁打。愛知大会で140キロ台後半をマークした直球は、ほとんど140キロにも届かず。立ち直る兆しも見られなかった。

 浜田は「(今春の)選抜が終わってからフォームで悩んだ。甲子園入りしてからも変えた。それがうまくいかなかった。最後までそれを引きずってしまった。もう少しみんなとプレーしたかった」と肩を落とした。

 試合後にプロ志望届の提出の有無を聞かれた浜田は「はい」ときっぱり。「プロ(に入る)までにしっかりとフォームを固めて体をつくります」と前を向いた。既にセ・パの多くの球団の注目の集める左腕が、この悔しさを胸に次はプロの世界での頂点を目指す。