巨人またも天敵メッセンジャー攻略に失敗

2014年08月13日 16時00分

6回、見逃し三振に倒れたセペダ

 巨人―阪神の首位攻防第1ラウンド(12日、東京ドーム)は3―4で巨人が敗れ、ついに0・5差まで迫られた。先発・杉内俊哉(33)の乱調もさることながら、やはりのしかかったのは“あと一本”の重みだった。

 巨人打線はまたも天敵メッセンジャーの攻略に失敗した。オーダーは1番・長野から4番・阿部まで10日の中日戦と同じ。6安打で2点は奪ったが、打ち崩せなかった。

 対策は立てていた。立ち上がりの制球が不安定な傾向に付け入り、各打者ともファーストストライクに手を出さず、球数を稼いでカウントを打者有利に運ぼうとした。

 初回は長野、坂本が四球を選び、一死一、二塁で阿部が右前へ先制適時打。ここまではベンチの狙い通りの展開だったが、その後は自軍の守備の乱れなどで逆転を許し、流れを相手に渡してしまった。

 2点差に詰め寄ってつかんだ6回無死満塁の好機では井端、セペダ、ロペスが3者連続三振。村田打撃コーチは「追い込まれたら苦しい。球威ある真っすぐに力負けしないスイングを」と指示したが、効果なし。100球を超えても落ちない相手右腕の球威に押されっぱなしだった。

 メッセンジャーとは今季6戦4敗。防御率1点台に抑え込まれている。これまでも「高めの直球には手を出すな」など、対戦ごとにチームで統一した対策を立ててきたが、結果は毎回同じ。6回終了後にはベンチでイラ立った原監督が、清水打撃コーチを横に立たせ、“公開説教”する場面もテレビに映し出された。

 この日は初回でメッセンジャーに31球を費やさせ、6回110球で阪神ベンチに交代を決断させた。だが橋上打撃コーチは「彼は140球でも投げられる投手。球数を投げさせても意味はあまりないでしょう。(新たな対策を)考えないといけない」と話す。

 優勝争いやCSなど、秋の勝負どころでメッセンジャーと対戦する場面は今後もやってくる。いまだ攻略法を見いだせない巨人の焦りは広がるばかりだ。