なぜ西武の選手ばかりモテるのか

2014年08月11日 07時10分

西武・野上亮磨(左)と金子侑司

 立て続けに有名タレント、女子アナと西武の選手による熱愛が発覚した。元「モーニング娘。」の石川梨華(29)と野上亮磨投手(27)、そして三田友梨佳アナ(27)と金子侑司内野手(24)のカップル。なぜ西武の選手はこんなに有名美女たちにモテるのか?

 これまでも有名タレント・女子アナとプロ野球選手のカップルは数多く誕生してきた。

「だいたいはすでに実績を残している有名選手がお相手というパターンが多かったが、今回発覚した西武の選手は今まさに売り出し中で、これからの未来を担う選手。その2人が、すでに全国区の知名度を得ている石川とミタパンをゲットしたことに少なからず驚きの声が上がっています」(芸能プロ関係者)

 確かに地方球団に比べ、首都圏球団は女子アナや芸能人と接触する機会も多く、交際に発展しやすいのは事実だ。だが、それは西武に限った話ではなく、ヤクルトやDeNA、千葉ロッテも同じだろう。それこそ巨人などは、マスコミのマークがきついというハンディがあるが、群を抜いてチャンスは多いはずだ。

 中でも西武の選手といえばイケメンが多く、チャラいというイメージが一時期あったが、最近は女性サイドから真逆の好印象を持たれるようになったという。

「2年前に涌井秀章投手(現ロッテ)が女性問題を起こしてしまい、球団から出場選手登録の無期限抹消処分を受けた。さらに再び女性問題を報道され結局、西武での立場を失い、事実上“放出”されるハメとなった。この件が教訓となっているようで、西武の選手たちは女性を本当に大事にするようになったとか。そういうことで、有名美女たちからの人気が急上昇しているのです」とテレビ局関係者は解説する。

 今後、続々と西武の選手と美女たちのカップルが誕生するムードが漂っている。