大瀬良“脱力投法”で7勝目を目指す

2014年08月09日 10時58分

 広島のドラフト1位・大瀬良が9日の阪神戦(京セラ)に先発し“脱力投法”で7勝目を目指す。前回(2日)の巨人戦では黒星を喫したが、6回3失点と復調の兆しを見せた。

「フォームの力感がないメリハリがある投球ができた。体の動きと考えていることが合致していた」。虎打線の対策については「1、2番を抑えてランナーの少ない状態でクリーンアップと勝負できるようにしたい」と話した。