2勝目ゲットの戸田&中崎が火消し 広島「雷組」がリベンジ 

2014年08月08日 11時00分

試合終了後、レフト席の応援団に帽子を振って応える戸田

<中日2-6広島(7日)>広島は7日の中日戦(ナゴヤドーム)に6―2で勝ち、連敗を2で止めた。この日先発の戸田は7回途中2失点と持ち前の粘りを発揮し、2勝目をゲット。1週間前に犯した過ちを教訓に、この日は強気の投球を貫いて勝利に貢献した。不振脱出のために野村監督がテコ入れした打線も大当たり。会沢、田中が一発を放つと不振のエルドレッドも適時打を放ち復調の兆しを見せた。

 

 戸田が前回登板のリベンジを果たした。初回、先頭の大島に四球を与える不安な立ち上がりとなった左腕だったが、後続を断ち切るとエンジン全開。思い切りのいい投球で竜打線を抑え込んだ。

 

 4点リードの4回には連続安打で無死一、三塁の大ピンチを迎えたものの、この日の左腕はまったく動じなかった。松井佑、藤井を連続で空振り三振に切って取ると谷繁を遊直に仕留めて無失点で切り抜けた。

 

 7月31日の中日戦では、4点のリードをもらった4回に突如乱調。一気に4点を奪われて逆転負けの原因をつくってしまった。「気持ちの面で負けてしまった…」という戸田に対し、野村監督は「開き直れずに何か考えてしまうのか!」と激怒し、打たれた中崎とともに監督室に呼び出し、大きな雷を落とした。それだけに、同じ過ちを繰り返すわけにはいかなかった。

 

 気合満点の投球で5、6回を乗り切った戸田は7回、無死二塁から谷繁に適時打を浴びて1点を献上。なおも一死一、三塁としたところで交代となった。後を受けたのはともに野村監督から叱られた中崎。こちらも意地の投球でピンチをしのいでみせた。

 

 打線も戸田を効果的に援護した。野村監督はこの日、下降気味の打線に刺激を与えるため1番にルーキー・田中を起用。堂林を6番に下げた。これがピタリと的中した。3回、会沢が5号ソロアーチを放つと、田中はすかさず7号ソロ。

 

 また悩める主砲エルドレッドにも当たりが出た。3回一死一、三塁から犠飛を放つと、7回には14打席ぶりの安打となる適時二塁打でチームを盛り上げた。投打がかみ合った勝利で同一カード3連敗を阻止。今日8日はエース前田で2位・虎を撃破し、上昇気流に乗りたい。